ワイン通なら知っておきたい!ワイングラスの種類と名称【まとめ】

主なワイングラスの種類

画像お借りしてます:https://limia.jp/idea/280723/

残念ながら、ワインを嗜む人の中には、ワイングラスをこれっぽっちも気にしたことがないという人もいる。

これは、美味しいワインをさらに美味しく飲めないのだから非常にもったいないことだし、心からワインを楽しみたいという人にとっては不幸なことだ。

もちろん、ワイングラスに興味があるものの、形による変化がイマイチ分からないという人もいるだろう。
そんな人には、ぜひ読み進めてもらいたい。

主なワイングラスの種類について、簡単に、分かりやすく紹介していく。

ブルゴーニュ型

ブルゴーニュワインに最も適していることで知られるワイングラスが、ここで紹介するブルゴーニュ型だ。

一般的に広く知られているボルドー型に比べるとボウル部分が広く、金魚鉢のような丸みが特徴のワイングラスになる。

なぜブルゴーニュ型のワイングラスがブルゴーニュワインに適しているかと言えば、このワインは香り高いという特徴を持つからだ。

後述するが、ワイングラスでも特徴的なボウルは、その広さによって香りの立ち方が変化する。

整理すると、ブルゴーニュワインは香り高い特徴を持つため、より美味しく飲むには、香りを楽しめるワイングラスが必要ということだ。
そこでおすすめできるのがブルゴーニュ型のグラスということになる。

前述している通り、ブルゴーニュ型は金魚鉢のような広めのボウルが特徴になるため、ブルゴーニュワインの香りを引き立たせてくれる相性の良いグラスだ。

ボルドー型

ボウル部分の形状から、チューリップ型ともたまご型とも言われるのがボルドー型だ。

ワインを飲む人はもちろん、飲まない人にもワイングラスのイメージとして定着している型でもある。
小さい子供が絵に描く場合でも、この形状のグラスになるだろう。

また、名前にあるように、ボルドースタイルのワインと相性が良いワイングラスだ。

カベルネ・ソーヴィニヨンなどから造られる赤ワインであれば、バランスの良い味わいを楽しめる。

モンラッシェ型

ブルゴーニュ型を彷彿とさせる形状のワイングラスがモンラッシェ型になる。

モンラッシェ型はブルゴーニュ型よりもボウルの長さが短く、白ワインに最適な形状で、その名の通り、ブルゴーニュで造られる最高峰の白ワインと言われる「モンラッシェ」との相性は抜群だ。

モンラッシェに限らず、繊細で豊かな果実味と、柔らかい酸味を持つ白ワインであれば、モンラッシェ型のワイングラスをおすすめする。

ボウルが広く、しっかりとした丸みがあるため、白ワインの香りを引き出しやすいからだ。

万能型

ワイングラスの万能型は、テイスティンググラスを彷彿とさせる形状が特徴だ。
たまご型のボウルで、汎用性の高さを持つ。

主に白ワインを飲む時に使われるワイングラスだが、日本酒に使われることもある。

ワインに合わせてワイングラスを購入することができない人や、白ワインをあまり飲まないという人は、この万能型を手元に置いておくと良い。

関連記事「ワイングラスを購入するなら!都内でワイングラスの取り扱いが豊富なお店【まとめ】

ワングラスの部位の名称について

画像お借りしてます:https://www.brocantemomo.com/contents/notes/969

ワイングラスには、それぞれの部位に名称が付けられている。

ワイングラスの部位の名称なんてどうでもいいと思っている人もいるかもしれないが、知っていると楽しみ方が増えるし、ワイン通の人とも深くコミュニケーションを取ることができるため、知っていて損はない。

それに、ワイングラスは厚みなどによってワインの味わいが変わってくるため、部位の名称を知り、その特徴を理解するということは、とても重要なポイントでもある。

ワインをより楽しむためには、ワイングラスの部位について理解を深めることも大切ということだ。

A:リム

リムとは、口を付ける部分のことを指す。
いわゆる、グラスの縁部分に当たる部位だ。

このリムの厚みが薄いと、滑らかで口当たりが良くなる。ワインの味わいに関わってくる部位がリムということだ。

リムの厚みが薄いと、どうして滑らかで口当たりが良くなるのかと言えば、唇に触れる感覚が少なくなるためだ。

また、舌は部分によって味覚が異なるから、広口か細口かによって味わいも変化する。
舌先は甘味と苦味、舌の両サイドは酸味に敏感だ。

リムの特徴をきちんと理解しておくだけで、ワインごとに適したグラスを選びやすくなる。

B:ボウル

ボウルともカップとも言われる部位は、ワインを注ぎ入れる部分だ。
ボウルはカーブや高さなどによってワインの香りのこもりやすさが異なる。

ワインの味覚や香りといった成分は、ボルドーワインやブルゴーニュワインなどによって異なるため、それぞれに最適な形状のボウルを選びたい。

前項のワイングラスの形状でも触れている通り、ボルドーワインは縦に長く、チューリップ型として知られるボルドー型が向いているし、ブルゴーニュワインはボウルが金魚鉢を彷彿とさせる、丸みの深いブルゴーニュ型がおすすめだ。

C:ステム

ステムはボウルを支える脚の部位で、グラスを持つ部分とも言われるが、国際的なマナーでは間違いだ。

日本では、ボウルを持つと手の温度がワインに影響を与えると言われ、現在でもステムを持つ人は多い。
しかし、ステムを持つのはテイスティングする場合になる。

それではどこを持つのかと言うと、ボウルを持つ。
これが国際的なマナーでは正しい。

また、ステムが長い方がワインの色を観察しやすく、手元が邪魔になりにくい。

ワインの色味までしっかり楽しみたい人は、ステムにも注目したワイングラス選びをするべきだろう。

D:プレート

プレートまたはフットプレートと呼ばれる部位は、ステムの下にある円形のプレートのことを指している。

プレートは安定感を得るため、ボウルの直径と同じものが一般的だ。

テイスティングの際には、この部位を持って香りを嗅ぐこともある。

他の部位に比べて注目度は低いが、プレートにお洒落なデザインを施しているものもあるため、しっかり見てから購入したい。