どうやって保管する?ワイングラスの収納方法【まとめ】

ワイングラスの収納方法

インテリアにも独特な味わいを出してくれるワイングラスだが、意外とかさばる存在というのも事実だ。

そのため、ワイングラスは好きだけど、収納場所や収納方法に悩んでいてたくさん購入することができないという人も多いだろう。

ワイングラスの収納方法に正解はなく、生活スタイルに合わせた保管方法が最適になる。

とは言え、どのような収納方法であっても、メリットとデメリットがあるため、デメリットをどこまで許容できるかという点も大事だ。

ワイングラス収集を趣味としている私も、収納方法には頭を悩ませたものだが、今では上手く付き合っている。

そこで、私がおすすめするワイングラスの収納方法について、メリット・デメリットを併せていくつか紹介していこう。

食器棚に収納する

レストランやホテルはともかく、一般家庭でワイングラスを保管する専用の場所というのはないのではないだろうか。

そのため、他の皿やマグカップ同様に、食器棚にワイングラスを収納するという方法もアリだ。

メリット・デメリットは、以下のようなものが挙げられる。

食器棚に収納するメリット

1.とにかく手軽に収納スペースを確保できる
2.お金をかけずに収納できる

食器棚に収納するデメリット

1.お洒落な見栄えではない
2.そのまま収納すると地震やちょっとした衝撃で割れる

このようなメリット・デメリットを挙げることができるだろう。

食器棚への保管は、収納スペースを確保しやすい反面、インテリアに味わいを出すことはできない。

そして、お金はかからないが、ストッパーなどを使わずに立てたり、寝かせたりした状態で収納すると、ワイングラスがちょっとした衝撃で割れる可能性がある。

このようなメリット・デメリットから、食器棚への保管は、1年で数回しかワインを飲まないというスタイルの人には最適の収納方法と言える。

ワインホルダーを使って収納する

ワイン好きの間でも人気が高い収納方法がワインホルダーを使ったものだ。
グラスホルダーとも言われるアイテムだが、高級ワインを取り扱うレストランやホテルも採用しているところが多い。

ワイングラスを逆さまにして、フットプレートを引っ掛ける収納方法がこれだ。

グラスホルダーは食器棚内部に設計することもできるし、流しの上やテーブルの上にセッティングすることもできるため、ワインを飲む頻度が高い人には最適と言える。

しかし、グラスホルダーにもメリット・デメリットはある。

グラスホルダーのメリット

1.お洒落にワイングラスを収納することができる
2.飲みたくなったらすぐに取り出せる

グラスホルダーのデメリット

1.ワイングラスがぶつかり合ったり、ステムへ負荷がかかりすぎると割れたり、欠けたりしてしまう
2.ちょっとしたDIYをする時間が必要

このようなメリット・デメリットがある。

注意したいのは、ステム(ワイングラスの細い部分)への負荷だ。
ステムは簡単に折れる作りではないが、使い方次第ではあっさり壊れてしまう。

また、グラスホルダーはワイングラス2脚用というように、何脚収納できるかが決まっている。

容量をオーバーして収納するとワイングラスがぶつかり合い、割れてしまう。

グラスホルダーで収納しようと考える人の大半はワイン好きだろうし、デメリットはないに等しいのではないだろうか。

整理ボックスを使って収納する

整理ボックスを使って収納するという方法もある。
整理ボックスとは、100均などで売られているボックスのことだ。

ワイングラス専用に作られているわけではないが、ワイングラスをペーパータオルに包んでボックスに保管することで、割れにくくすることができる。

整理ボックスには以下のメリット・デメリットがある

整理ボックスのメリット

1.一脚ずつ保管するため、ワイングラス同士がぶつかって割れる心配がない
2.あまりお金と時間をかけない収納方法

整理ボックスのデメリット

1.ワインを飲む時、用意に手間がかかる
2.インテリアとして活用することができない

以上が整理ボックスのメリット・デメリットになる。
ワイングラス同士が接触して割れるというケースがなくなるが、ワインを飲む時に手間がかかる点はマイナスという人も多いだろう。

ただ、ワインを飲む頻度が少ないという人や、普段は2人で飲むから2脚以外のワイングラスを収納したいという人におすすめできる。

まずは、自分たちの生活スタイルに合わせた収納方法を見つけることが大切だ。