バカラグラスの特徴【通販で購入可能なグラスまとめ】

通販で買える有名グラスメーカー「バカラ」の特徴

画像お借りしてます:https://www.recycle-off.com/new/110-2016-12-05-04-19-47/1524-transbook-t100ta-gray-s-73.html

高級グラスメーカーとして知られ、グラスに興味がない人でも一度は耳にしたことがあるメーカーが「バカラ」だ。

日本でも各界の著名人が愛用している他、フランス王室やイギリス王室でも使用されている。

バカラがロイヤルファミリーやセレブから愛される理由は、バカラの特徴と魅力が大きく関わっている。
その特徴とは、バカラならではの「煌めき」と「輝き」だ。

バカラのクリスタルガラスは見ているだけでも楽しめるほどキラキラと輝く点が特徴であり、魅力になる。

また、バカラのクリスタルは世界で最も透明度が高いと言われ、反射率と屈折率も高い。
つまり、極端に言ってしまえば、非常に美しく見えるというのがバカラの良さだ。

その他では、バカラは高級さがゆえに、一種のステータスにもなる点が魅力と言える。

バカラグラスはバカラ公式オンラインショップや高島屋オンラインストア、楽天市場などの通販サイトで購入することができる。

品揃えや品質を保証できる私が個人的に評価しているおすすめのショップも紹介しているので是非読んでいただきたい。

バカラグラスの歴史

バカラの歴史は1764年からスタートしている。

フランス東部のロレーヌ地方の領主だった「モンモランシー・ラバル」という人物がガラス業界への参入を考案したとされる。

そして、当時の国王だったルイ15世にガラス工場の設立を認めて欲しいという内容の請願を行い、これが承認された。

承認後、ロレーヌ地方のバカラ村にガラス工場が建設されることで、バカラの歴史が始まる。

設立して間もない頃は、窓ガラスや鏡などの生産を中心に行っていたが、1816年頃にクリスタルの生産を開始している。

1823年にルイ18世がグラスセットを注文し、その後の1825年にはアルクール侯爵家のために「アルクールシリーズ」が作られた。

そこから年月を重ねることで、個性的で美しいシリーズがたくさん生み出されていき、現在のバカラがある。

ロイヤルファミリーやセレブに愛されるメーカーだから、融通の利かない頑固なイメージを持たれがちのバカラだが、時代に合わせたグラスを作り続ける柔軟性を持っている。

昨今では、くまモンのクリスタルオブジェや人気漫画ワンピースとコラボした商品を展開した。

バカラグラスの種類

バカラグラスはさまざまなシリーズを展開してきたため、現在でもその種類は膨大に存在している。

バカラグラスの良し悪しが分からないという人も多いはずだ。
そのため、ここでは代表的なバカラグラスを紹介する。

ジュピター

2011年に発表されたバカラグラスが「ジュピター」だ。
太陽系の中でも最大の惑星として知られる「木星」の名を冠するだけあり、力強さと優雅な雰囲気を感じさせるバカラグラスになる。

ボウルからステムへと流れるように続く斜めのカットは、バカラの特徴的なカットの一つで、美しく、見ていて飽きない印象だ。

グラスは全体的にボリュームがあるが、ステム部分が軽やかさを与えているため、バランスの取れたグラスに仕上がっている。

ワインを入れた時の色の見え方は独特で、光に当てるとワインとグラス両方の美しさを楽しめる。

アルカード

「アルカード」最大の特徴は、ボウル部分に綺麗な波状のカッティングが施されている店にある。

それに加えて、ステムとフットプレートには雪の結晶を彷彿とさせる六角形の飾り付けが施され、ハイセンスかつ高級感溢れるデザインに仕上がっている。

スタイリッシュで先進的なデザインは、インテリアとしても楽しむことができる。
また、全体的にスッキリとした柔らかい印象が魅力だ。

アルクール

バカラの代名詞と名高い「アルクール」は、1825年にアルクール侯爵のために作られたグラスだ。
今でも人気は高く、不朽の傑作と呼ばれ愛されている。

フランス人が最も愛するデザインと言われることからも、アルクールへの愛が伝わるだろう。

過去には、19世紀のパリ万国博覧会で2度のグランプリを獲得する経歴を持ち、1917年にローマ法皇によって、バチカンで使用されるグラスに選ばれている。これほどの功績を持っているのがアルクールだ。

アルクールはアーチ型のフラットカットが特徴で、水晶のような重厚感とバカラならではの輝きが魅力だ。

全体的にバランスが良いデザインになるため、バカラグラス初心者という人でも十分楽しめる。